トルネコの大冒険3のプレイ日記がメインです。 その他気まぐれに日々の独り言など。
 
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ポポロ異世界 70回目③     最高到達階数/47F(更新ならず)
2009-03-16 Mon 23:28
終わりは呆気ない
マドコン(の練習)に数時間を費やした後
終焉までは直滑降で数十分

この時間軸の対比が
自分の気の緩みを象徴しているようだ

コメント欄でのFさんとの対話でも書いたが
「終わり方」には悔いはない

自分の判断の甘さとテクニック不足が浮き彫りにされ
結果としては今後に繋がる貴重な経験ができたと思っている

だが 問題なのは
そこに至るまでの経緯
それが全て

悔しいのは
仲間の離脱原因を作ったのは
100%自分の過失(ミス)であるということ

これはなんとかしなければいけない

今回は
そんな自分と向き合うための
重要な記録として残したい



 【70回目】③ 到達階数/40F

  
  31F開幕部屋からの続き
   ポポロLv24 モンジャ21・20・20&ホイミン22・20&メル20&ハエ23
   &コロリン21&ヒョウマ13×2の10匹体制  仲間の育成はマドコンで完了
   アイテム不足を補って余りある 強化した仲間戦力での打開を目指して
   苦手なゾーンに突入 という状況から再開


  31~35F
  
  31F ここからは 数回素振りor移動でモンハウ有無の確認をしたのち
   開幕部屋にヒョウマを2匹並べて待機・メル&1ホイを護衛・1ホイを「とくぎつかうな」
   ・他を放流して突破していく作戦を試行

   ここへきて 約20フロアぶりに杖が出始めるというアイテム運上昇の兆しが

   この階は問題なく突破

  32F 巡回途中に爆発の石像を発見
   部屋中央で通路から通路への中継地点という絶妙な位置
   放流仲間が接触する前に無事に破壊に成功

  33Fは即降り 34Fは巡回降り  問題なし

  35F 狂人ゾーンを抜けるまであと一歩というこのフロアで ついに犠牲者が
   縦2列の小部屋連結フロアで通路での仲間渋滞もあり巡回が難航

   まず 通路で死体 先頭ホイミンが空振り2回&連続ゲロを喰らう
   ポポロは腹減りホイミン援護なしのHP減少時だったため倒す体力がない
   よって死体を吹き飛ばし 即方向転換で別の通路に退避

   だが 吹き飛ばした死体が入室した部屋には 
   既に仲間呼びシャーマンで苦戦している1モンジャが(気付かなかった)
   ポポロの行動が火に油を注ぎ モンジャ離脱  お疲れ様・・・

   続いて 先程2ゲロを浴びたホイミンを後衛にしながら巡回していると
   入り組んだ通路から押し寄せた放流仲間に分断されホイミン押し流される
   (これは結果的に分かったことで 後方に黄色い点が多数あったため
    ホイミンがついてきていると思い込んでいた)
   
   しばらく歩いていると重くなったので 
   誰かが苦戦しているのかと仲間画面で確認すると
   「とくぎつかうな」の放置ホイミンではなく 「いっしょに」ホイミンの周囲に
   シャーマン&死体×3 距離も遠く 援護できる仲間は近くにいない
   どうしようもなく手をこまねいていると 極限まで力を下げられたらしく
   更に1匹死体が増えた状態でホイミン力尽きる お疲れ様・・・  ものすごい喪失感
   ちなみに ホイミン跡地はコロリンが無双で始末していた

   1モンジャ&ホイミンの離脱にショックを覚えながらも 階段探しを続けていると
   入れ替わり→ゲロからメルを守ろうと狩ったスミスが1発起き 採用する
   これがなかなかの働きっぷりで 放置していたにも拘らずすぐにレベルMAXに
   思わぬステータスの高さに 死体のくせにと馬鹿にするのを自重

   その後は被害なく(充分な被害だったが)なんとか突破

   ついに超狂人は一度も誕生しなかった 仲間の放流がキモであることは再確認

  36~39F

   36F ここからはホイ「いっしょに」→緑が視界に入ったら「とくぎつかうな」
    ・2ヒョウマ「とくぎつかうな」・他は放流で フロアの敵を徹底的に掃除させる作戦

    仲間達の様子をみながら 時間差で巡回を始めて無事に突破

   37F ↑の方法に少し打開を見出していた矢先 また悲劇が

    時間差巡回を開始し 足取りも重くなかったため
    何の疑いもなくとある部屋へ入室すると 横長大きめの階段部屋モンハウとか
    ここで少しうろたえ後ろのホイミンと入れ替わってしまうも
    幸運なことに瞬時にホイミンが飛ばされ ポポロも飛ばされ逃亡に成功
   
    その後ホイミンを無事に回収して安堵したものの
    このフロアはげんじゅつしが多発&大暴走を繰り広げ 何度も弄ばれ分断される

    そして 数回目にホイミンを回収に向かうと
    ポポロが入室した入口から続くツルツル床終点の1マス先の別の通路入口に
    固まったホイミン&ホイミンに忍び寄る魔の手が2体

    1ターンでホイミンと隣接できるため 何も考えずにスケート



    
    カチッ




    ドーーーン!


   

    なに? なにが起きたんだ??    頭真っ白・・・

   
    しかも

    魔物の気配を察知し 
    ホイミンの後ろで立ち止まっていた  メルモンも道連れとか・・・


    あまりに的確な地雷配置に(ホイミンの配置に)     笑うしかなかった


    これで 呆気なく2匹目のホイミンも主力のメルモンも無に帰した  お疲れ様・・・

    後から冷静に考えてみると
    ホイミンに近づく敵と軸を合わせ 離れた位置からおびえを振るなどして
    まずは敵を無力化し 安全を確保してからゆっくりホイミンを回収するべきだった

    その後は特に何もなく降りる(もう充分だ)

   38F どこかでスミスが死亡(なにこの扱い)
    短い区間だったががんばってくれた(途中でホイミンに殺されかけたが) お疲れ

    スミスの後任として ウィズが加入

    特に事故もなくスミスの被害のみで通過

   39F 開幕石像×3とげんじゅつし×2&はねせんにん
    
    離れていたげんじゅつしによって石像1つがマホトーンであることが判明
    もう1つはすぐに発動して 転びと判明(ポポロは転ばず無事)
    最後の1つは不明のままだったため 仲間を「ここまて」にしてから
    すばやさを飲んでポポロで羽を倒すが爆発せず 
    あとは仲間に突撃させ問題なし 最後の石像もマホトーンだった

    出店あり ふこうのたね&まものの壷を識別(久々の壷がコレ)
    出品されていた壷に期待するも ワープ  がっかり
    めぐすり草×2&転ばぬ先の杖を購入 転ばぬ先は呪いだった 使えない・・・

    ここも無事に巡回を終え 放流仲間の回収作業
    全員の命令を「ここまて」にしてから降りる

    大部屋に臨むメンバーは
    ポポロLv24 モンジャ22・21&ハエ23&コロリン22&ヒョウマ13×2&ウィズ3
    の7匹体制 ホイミンもメルモンも不在
    打開アイテムは 場所替え&一時しのぎ程度  階段運に期待
     
   40F

    スタートは左寄りの下方壁際 階段は中央からやや右のほぼ真ん中
    仲間の配置がいじる必要ない良好さと 付近に緑のやつがいなかったため
    とりあえずガチ突破を目指し 仲間が飛ばされ始めたら
    すばやさ&場所替え・一時しのぎを駆使し 階段へ向かおうと決める

    そしてしばらく様子をみていたが
    ウィズの意外な活躍も手伝って 仲間は常に安定し壊滅の可能性が見えてくる
    場所替え→階段も検討したが 角度の調整に困ったのと
    階段をまたいで移動している集団&階段の右側に1塊あり 断念

    そうこうしているうちに このような情勢に ↓↓(ここからは図解で)


壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁
壁                                                  壁
壁                                                  壁
壁                                                  壁
壁                                   敵敵敵           壁
壁                                   敵敵            壁
壁                                                   壁
壁                                                  壁
壁                         階                         壁
壁                                                   壁
壁                                                  壁
壁                                                   壁
壁                                                  壁
壁                                                  壁
壁       敵敵敵                                       壁
壁     敵仲仲仲仲                                      壁
壁     氷仲  ポ氷         敵                           壁 
壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁
                       ↑こいつの正体は不明
    
    仲間の配置は一切変えずにここまで持ち込む
    飛ばされて固まった敵が数体散らばっているが 無害なため配置は割愛
    場所替えを躊躇った理由は階段斜め右上の近づいてこない群集のため
    幸運にも 仲間は誰も飛ばされていなく 半ば楽勝ムードが漂ってきた

    で とりあえず 仲間に隣接している4体を成敗させ
    その後 全員をバッチリにして突撃させようとしていると・・・


壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁
壁                                                  壁
壁                                                  壁
壁                                                  壁
壁                                   踊ミ眠 →         壁
壁                                   杖泥  →       ポ壁
壁                                                   壁
壁                                                  壁
壁                         階                         壁
壁                                                   壁
壁                                                  壁
壁                                                   壁
壁                                                  壁
壁                                                  壁
壁       敵敵敵                                       壁
壁     敵仲仲仲仲                                      壁
壁     氷仲   氷         杖                            壁 
壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁


     こうなるとか・・・^^:
     これで全ての敵が判明
     そして 絶妙な位置に飛ばしてくれたため 右上軍団が一斉にポポロへ突進

     この時 腹減りで降りなかったことを死ぬほど後悔するも(回復壷あり)
     当然後悔先立たずで ポポロは固まったまま敵の来訪を待つばかり

     だが ここで終わりか!と覚悟を決めたその時
     げんじゅつしが 泥人形→ポポロの順に飛ばしてくれるという ナイスな援護!


     そして九死に一生を得た気分で 着地してみると・・・


壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁
壁                                      ポ           壁
壁                                                  壁
壁                                    ↑↑↑          壁
壁                                    踊ミ眠           壁
壁   仲                                  杖          壁
壁                                                   壁
壁                                                  壁
壁                         階                         壁
壁                                                   壁
壁                                                    壁
壁                                                   壁
壁                                                  壁
壁                                                  壁
壁                                                   壁
壁     仲仲仲仲                                        壁
壁    氷    氷                                        壁 
壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁
   

    そこかい!(なんなんだ この狙いすかした位置は)

    ポポロが固まっている間に
    ポポロの左にいたモンジャが飛ばされたようだが(位置は適当)
    離脱もなく仲間達は余裕で壊滅 たぶんみんなでポポロを見ている状況

    そして ピンチに陥っているのはポポロだけ

    また飛ばしてくれないかと淡い期待を抱くも
    敵陣はずんずんポポロに接近し ついにテンツク・ミスター・まどうしが隣接

    まどうしが速攻ポポロにラリホー
    (せめて攻撃だったら すばやさ&杖を駆使して生存確率を上げられた)

    よって ポポロは無力化されたまま やりたい放題弄ばれ 死亡  終了


    最後に確認できたポポロの姿は 眠りながら踊り狂う まさに夢遊病者


    popo.isekai70
    レベルが高かったせいか1位に躍り出た


反省材料は多々あるが 終わったあとは何故か爽快だった
自分が育てた仲間達の強さを実感できたし
9割の運に助けられて
(げんじゅつし5体を仲間が相手にしたにも拘らず壊滅途中で誰も飛ばされなかった)
残りの1割の不運で終了という 自分としては健闘した方かなと思える結果だからだ

今思えば おそらく一番の良策は
ヒョウマに接近していた(右方向の)正体不明の敵に
何でもいいから杖を振ることだったような気がする

それによって敵の正体が分かり 如何様にも対処法があったはず

あとは 最後まで所持したまま使うタイミングを計れなかった
すばやさのたね・場所替え・一時しのぎ

こういった判断力の有無が 勝敗の分かれ目だったのだろう


※他にも2回ほど冒険をしているが
  記事が長くなるため それらの記録は後日まとめることにする



< モンスター勧誘データ 1~70回目 > 

※自分が独断で選んだ勧誘対象のみでデータを採取
  データは毎回加算していく予定

― 1~15F ―

・スライム       →95/368  (25.8%)
・スライムベス     →88/377  (23.3%)
・ももんじゃ      →81/507  (16.0%)
・ホイミスライム    →64/640  (10.0%)
・ドラキー       →63/281  (22.4%)
・ゴースト       →17/ 98   (17.3%)
・タップペンギー   →18/183   (9.8%)
・スライムブレス   → 7/ 86   (8.1%)
・スカイフロッグ    →14/ 44   (31.8%) 
・つのうしがい     → 5/ 28   (17.8%)
・ダンスキャロット   → 5/ 29   (17.2%)
・あめふらし      → 3/ 54   (5.5%) 

― 16~20F ―

・メイジももんじゃ   → 11/95   (11.6%)
・さそりかまきり    → 1/ 6    (16.7%)
・スモールグール   → 10/37   (27.0%)
・リリパット       → 2/ 15   (13.3%)
・ゴーレム       → 4/ 23   (17.4%)
・キメラ         → 6/ 18   (33.3%)  
・ハエまどう      → 7/ 47   (14.9%)
・さつじんき      → 3/29    (10.3%)
・ドッグスナイパー  → 0/ 1    (0.0%)

― 21~25F ―

・トロル         → 1/11    (9.0%)
・ひょうがまじん    → 3/ 22   (13.6%)
・キラーマシン     → 1/ 9    (11.1%)
・シルバーデビル   → 0/ 7    (0.0%)

― 26~35F ―

該当なし
採用しても一時雇用のためノーカウント

― 36~40F ―

・ミステリドール    → 1/ 25   (4.0%)
・はねせんにん    → 1/ 2    (50.0%)
・げんじゅつし     → 0/ 3    (0.0%)
・テンツク        → 0/ 1    (0.0%)
・まどうし        → 2/ 4    (50.0%)

― 41~45F ―

・おおめだま      → 0/ 1     (0.0%)
・メイジキメラ      → 0/ 2     (0.0%)
・ドラキーマ       → 0/ 1     (0.0%)


< 地雷データ 1~70回目 >

※罠チェックで出現及びめぐすり草で確認した地雷を集計(罠増殖での効果を含む)
※フロアのカウントは3F~

 全780フロア中/115フロア/計133個  【出現率】14.7%/17.0%(フロア/総数)

今回は 10フロア中 地雷確認フロアが2 数も2

封印でとてつもなく恐怖だった「ツルツル床終点の地雷」
これをピンポイントで踏み甚大な被害に発展させてしまった
こういう踏み方はどうしようもない不毛感ばかりが後に残る 
ツルツル床終点も再度要警戒ゾーンとして認識を新たにすることにする



とまぁ
このように 順調だった旅が一転
自分のミスにより
自滅の一途を辿ることになった

だが 今回の冒険を通して
学ぶべきこと また会得できたことは計り知れなく
結末に至るまで 自分の成長のためには
必要なことだったのではと 満足感を覚えている

というのも
成功の秘訣は
自分の失敗の中にこそ
眠っていると思うからだ

諸々のテクニックに関しては
異世界を極めぬいた先輩方のものを
見よう見まねで実践するという手もあるが
それを繰り返して凌いでいるだけでは
決して自分のものとはならないし
また それで一度うまく運んでしまうと
自分が上達したという錯覚に陥りかねず
自分の行動や判断について振り返る機会を
半永久的に失うため とても危険だ

だから
まずは 自分の思うとおりに駒を動かしてみて
失敗した時こそ そこにチャンスが転がっていると
思うことにしている

新しい経験としての失敗は大歓迎
だが 二度目以降はシビアに

今回 分量の関係で記載できなかった他の冒険でも
面白い失敗を経験することができた

こういうふうに書くと
失敗を肯定することで 
「経験を積むため」という体の良い理由付けにもなるし
自分の能力値の低さに目を背けて逃げているのでは?
と思われるかもしれない

事実 それも多少はあるかもしれない

でも この様に考えられるようになっただけでも
(しばらくは終了の原因を運のせいばかりにしていた)
異世界の攻略を始めたことには
大きな意味があると

素直に思えるし

信じている
別窓 | ポポロ異世界攻略編 | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
<<ポポロ異世界 71~74回目     最高到達階数/47F(更新ならず) | トルネコ&ポポロの迷走記 | ポポロ異世界 70回目②      最高到達階数/47F(更新ならず)>>
この記事のコメント
お疲れ様です。ポポロのレベルが24と高いので惜しまれますね。
最後のは不運なだけですので、どうか気になさらずに。
腹減りで固定MHに突入しないのは正解だと思います。罠チェックの余裕がないこともありますし。
自分は固定MHが苦手で、毎回愚策をとってしまいます。
40Fはほぼ毎回、開始と同時に白兵戦タイプのユニットを全て突撃させるという脳筋です…。
気分でヒョウマも参加させる感じで。次が浮遊なので、むしろ多少の犠牲は歓迎です。

仲間の中でもホイミンロストは激しくテンションダウンしますよね。
自分もくさった死体祭りでレベル13のシルバが没ったことがあります。
バーサーカーゾーンは死体系とガチるためにホイミンを護衛にしています。
戦闘中のホイミに期待できますし、それ以外は入れ替わりでも問題なく倒してくれますので。
36F~は2体いても両方放置にしています。
特技を受けつけないヒョウマも護衛としてはよかったですね。むしろ適任かもしれません。
レノ以外は強くないので、一度もピンチになったことはありません。罠も消せますし。

今自分も再開していていい感じです。
23Fでメル×4、シルバ×2、ヒョウマ、ホイミン×2と中々です。
本当はハエ×2、ホイミンがもう1体いたのですが解雇しました。
あとはヒョウマを乱獲するのみです。今回は転びの石像が多いので困ります。
失敗はこのゲームにはつきものですしね。お互いに頑張りましょう。
2009-03-17 Tue 17:45 | URL | F #-[ 内容変更]
お疲れ様でした^^
最後は不運でしたね^^;

諸先輩方は、すべてのモンスターの特性を把握し、
可能性を忘れないのが強みですよね。
私もそこが足りなくてモロに壁にぶち当たっています。

でも、失敗は成功の元。
お互いたくさん失敗して成長していきましょう!
2009-03-17 Tue 20:56 | URL | トルネキアン #-[ 内容変更]
>Fさん

こんばんは。
コメントありがとうございます^^

40Fは腹減りの方が急場を凌げるかと思いましたが、
やはり地雷→即死を考えると腹減りもリスクが高いですね。
今回はパンを食べたことを死ぬほど後悔したのですが、おっしゃる通りだと思います。

40Fの立ち回り経験が浅いので仲間への命令をどうすれば良いのかは本当に困ります。
今回はたまたま「ここまて」で対応できたんですが、中央スタートの場合は「バッチリ」で
特攻させた方がいいのかもしれませんね。
厄介な敵が多いため特攻させるには勇気が要りますが、敵の注意を逸らして
ポポロを階段に向かわせることを優先する場合に有効だと思うので今度試してみます。
仲間の犠牲はつきものとイマイチ割り切れない自分も充分改善の余地がありそうですが^^:

狂人・ミスターゾーンに関しては、ホイミンの扱い方次第ですよね、やっぱり。
アドバイスを参考に、次回は狂人ゾーン→護衛・ミスターゾーン→特技禁止で放置にして
みます。ヒョウマ護衛は激しく賛成です。今回アイテムを消されまくりましたから・・・^^:
放すのも考えものだなぁと。おそらく一度スムーズに通過できてしまえば、
苦手意識やトラウマは薄まると思うんで早くコツを摑みたいですね。

Fさんも現在プレイ中なんですね。
メンバー構成なかなかですね。まだ起こしたことがないシルバが2匹というのは
羨ましい限りです。メルが4匹って・・・起きるもんなんですね。
それに、ハエ2匹とホイミンを切る潔さとか、今の自分じゃできないことばかりですね。
メルよりもハエとの縁が深いせいか、メルは切れても(大抵メルは短命ですが)
ハエは切れませんし。

応援してますんで冒険の方がんばってください!
きっと今頃はヒョウマ増員→マドコンの流れですかね。
途中経過のご報告もよろしければ。お待ちしています。


>トルネキアンさん

すいません、最近夜はプレイに没頭しているせいか、
ゆっくりお邪魔できてないですね。
でも、ちゃんと記事の方は隈なく拝見してますんで(笑)

壁は厚いですよね、確かに。
「~の壁」というより、行くところ壁だらけですから^^:
ついさっきは、何回も経験しているはずなのに、ホイミンをペンギンから守るために
一緒に祭られ自滅しましたし。学習能力を問われる次元に発展しています。

モンスターの特性もそうですが、もっと初歩的な面で言うと、自分の場合は
例えば仲間の行動順ですとか仲間の残りHPの把握とかの読み違いをしたり、
勧誘の際に「あと1撃で倒せると思ったら倒せなくて瀕死」みたいに無駄に体力を
消耗するようなアホなことも多いので、学ぶべきことは多いなぁとつくづく。

自分にとってはトルネキアンさんも大先輩ですので、
少しでも追いつけるように頑張ります。
失敗の数だけ成長できるといいですね^^



2009-03-17 Tue 22:49 | URL | rr315 #6moyDOY6[ 内容変更]
ホント、壁ばかりで大変ですよね。
つるはし持って、一緒に掘り進めましょうww
(途中で壊れますから、黄金のつるはしが欲しいところです)
2009-03-18 Wed 08:29 | URL | トルネキアン #-[ 内容変更]
おはようございます。
今回は異世界が本気を出したのか、散々な目に遭いました…。
変化でメルモンが1匹消され、メガンテではぐれたシルバが爆破と石像が酷かったです。
もう片方のシルバも敵3体に絡まれて、まさかの敗北です。
個人的にはお気に入りの仲間なのでショックでした。

40Fではメル、ヒョウマ、ホイミンが2体ずつの非常に頼りない戦力でしたが何とか切り抜けました。
有効アイテムがなかったため、ほぼガチでしたが…。
メルを特攻させ、近づいてきた敵はヒョウマで処理という感じで。
げんじゅつしの杖を1回使いましたが、犠牲は0でした。

ハエとホイミンの解雇に関しては泣く泣くといった感じです。
ハエも好きなのですが、呪文連発で無力化、ゾンビマスターに封印されるなどの欠点があるのでメルを優先してしまいます。
メル以上にタフなので、非常に頼りになるのですが。
浮遊での解雇対象になりやすいので、シルバ・ヒョウマを優先しました。
2009-03-18 Wed 08:44 | URL | F #-[ 内容変更]
トルネキアンさん、Fさん
コメントありがとうございます^^

>トルネキアンさん

もうすぐ記事に起こすつもりですが、
今回はトルネキアンさんの現在進めている冒険に類似した内容で同時進行型を
狙っていたんですが、腕の悪さで撃沈しました^^:壁を掘ろうとしたら
つるはしが呪われていたというかんじですね(笑)
だから自分の分まで今回の冒険がんばってください。
(飲み会いいですねぇ。日本の居酒屋が懐かしいです)

>Fさん

変化きちゃいましたか!メガンテも健在のようで、犠牲になった仲間達は
本当に残念でしたね。変化の被害がメルだけというのは、放流中の事故だった
んでしょうか。被害が拡大しなかったのがせめてもの救いですね。

やはりキャリアが違うというのか、40Fを2ホイミンを生存させたままガチ突破と
いうのは素晴らしいです。30F前後辺りからは、仲間によって命令を使い分ける
のがキモだと自分も実感しています。テクニックが追いついていませんが。
今頃は浮遊もしくは水ゾーンでしょうか。
石像運が悪くないことをお祈りしています。引き続きがんばってください^^

仲間の解雇(誰を解雇するか)については、その時々のメンバー状況でも変わって
きますよね。浮遊対策としてハエよりシルバ優先というのは理解できました。
シルバやキラーマは裏切りの危険性が少なそうなので。
先に進むことを前提とした仲間選び、参考にさせていただきます。
2009-03-18 Wed 22:32 | URL | rr315 #6moyDOY6[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
top↑
| トルネコ&ポポロの迷走記 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。